空芯菜(くうしんさい)の 栄養や食べ方を知ろう

空芯菜 (くうしんさい・クウシンサイ)とはどんな野菜か?栄養や 食べ方についてご紹介します!

空芯菜 (くうしんさい)は、読んで字のごとく芯が空洞になっている
野菜のことで、細長い葉っぱが特徴的。

空芯菜(くうしんさい) 栄養 食べ方

空芯菜 の芯が空洞なため、あまり
栄養 がないのでは?と思いがち(私も最初はそう思ってた)ですが

食物繊維やカロテン、葉酸、カリウムなどが豊富に含まれていて
夏を乗り切る 栄養豊富な夏野菜なのです。

空芯菜はクセがないので食べやすい。サッと火を通せばOK

汗と共に失ってしまうカリウムやビタミンを補える
空芯菜 。食べ方に迷ってしまう方もいるかもしれませんが
さっと炒めものにして食べる事が多いです。

空芯菜(くうしんさい)の写真1

空芯菜(くうしんさい)の写真3

空芯菜 のレシピを簡単にご紹介すると、
空芯菜 を葉の部分と芯の部分に分けて食べやすい大きさに
切っておき、フライパンに油を敷いてにんにくの香りを出したら
ペーコンや他の野菜と一緒に「芯」を入れてしんなりするまで
炒めて 最後に「葉」の部分を入れて 塩コショウで味付け!

空芯菜はクセがないのでこんなシンプルな野菜炒めでも
美味しく食べられますよ!

その他にもおひたしや天ぷらにしても◎。
油と相性がいいですが、火を通しすぎるとせっかくの
鮮やかな緑があせてしまうため、葉はサっとやるのが
コツですよ(^^)♪


あわせて読みたい

edit 『 野菜・フルーツのお話 』の一覧

このページの先頭へ