手作り餃子の保存のコツ

手作り餃子を大量に作り置きしたときの保存方法。身近にあるもので美味しく保存することが出来ますので、ぜひお試しを♪

ふとした時に食べたくなる餃子。キャベツの大量消費をしたい時にたまに作るのですが、大量に餃子を作るとスグに全部は食べきれません。

手作り餃子の保存のコツ

シカシ。包んでから時間が経つと野菜などから水分が出てしまい、皮と他のものがくっついて破れたり…。非常に扱いづらいのです。

今までにはラップの上に並べていたりしましたが、保存にはとってもいいアイテムがあるのです。それがキッチンペーパー。

間隔をあけてキッチンペーパーの上に!

手作り餃子を保存するときは、お皿やタッパーにキッチンペーパーを敷き、
その上に手づくり餃子を並べます。

キッチンペーパー水分をスッと逃がしてくれるのか、
餃子とキッチンペーパーがくっつかない!

ただし……注意点があります。
冒頭写真のように餃子どうしをくっつけてしまっては
こちらがくっついてとれない状態に…。。

間隔をあけておいて保存するか、
ちょっともったいない気もしますが、キッチンペーパーを
餃子サイズにカットして1枚1枚間に入れていけばくっつかない。
(冷凍してもOK)

一度に作り置きして、保存しておけば後々楽なので参考してみてくださいね。


あわせて読みたい

edit 『 肉料理 』の一覧

このページの先頭へ