鯵の南蛮漬け レシピ(小アジ)、1日漬け置きすれば柔らかく

鯵の南蛮漬けレシピをご紹介。栄養たっぷりの鯵を沢山食べられます。さっぱりしているから夏のメニューにピッタリ!

鯵の南蛮漬けレシピをご紹介。鯵・小アジは冷凍などでよくお得パックになっていますよね。

魚の生臭さがあまり得意でない方や子供たちでも南蛮漬けにしてあげることで気にならなくなります。

鯵の南蛮漬け レシピ(小アジ)、翌日に回せば柔らかく

鯵にはDHA(ドコサヘキサエン酸)・EPA(エイコサペンタエン酸)は必須脂肪酸で、こどもの成長や美肌に嬉しい働きがあります。

また、血中コレステロールを下げる働きもあるため積極的に食べたい食材!南蛮漬けは、思うほど難しい料理じゃないので是非挑戦してみてくださいね。

作り方

▼鯵の南蛮漬け(小アジ)
小アジ……10匹
★お酢……200cc
★砂糖……大さじ2〜3
★醤油……100cc
玉ねぎ・人参……付け合せなのでお好みで
生姜……1かけ

(1)生姜や玉ねぎなどの野菜を薄切りにして、★マークの
調味料と一緒にフライパンへ。弱火にかける。

(2)野菜がしんなりしてきたら火をとめる。

(3)はらわたなどをとって下処理した味を洗い、
キッチンペーパーで水分をとる。

(4)小麦粉をまぶして、弱火から中火くらいの油で揚げる。

(5)骨まで火が通るよう、じっくり揚げる。
(個人的には最後に強火にしてカリっとさせて上げる)
鯵の南蛮漬け 画像2

(6)鯵があたたかいうちにタッパーなどに並べ(2)の
南蛮タレと野菜を上からかける。
鯵の南蛮漬け 画像3

(7)半日から一晩くらいつけていただきます。
骨まで軟らかく食べられればカルシウムもしっかり摂れて◎!

一言
酸っぱいのが得意でないお子様には、
砂糖をちょっと増やして甘めに仕上げると食べやすくなります。
鯵だけでなく、この南蛮タレなら鶏肉を漬けるのも美味しいですよ♪


あわせて読みたい

edit 『 魚料理 』の一覧

このページの先頭へ