赤飯 作り方

赤飯 レシピ。赤飯 ってメデタイ時に作るごはんですが、我が家 では、おばあちゃん が好きなので、時々食べます(^^)

赤飯 ってメデタイ時に作るごはんですが、
我が家 では、おばあちゃん が好きなので、時々食べます(^^)

赤飯

赤飯 に入っている小豆って、甘く煮て「あんこ」 になる時と
赤飯 で食べる時は、別物みたいで面白いですよネ。

小豆 には、じつは色んな栄養成分が含まれていて、
ビタミンはもちろん、カルシウム、リン、鉄、食物繊維 などが豊富!

日本では昔から、和菓子にも利用されていますが
小豆は小さな体の中に、沢山の栄養分を含んでいるので
いろんな効果をもっているんだって(^^!

たとえば、風邪を引いたときなら、咳をしずめたり、
痰をとる効果があったり、
二日酔いや便秘 などにもいい。

肥満防止や、糖尿病 予防などにもよくて、
母乳の出にくいお母さんには、母乳の分泌をよくしてくれる
働きまであるんだそうです♪

めでたい時以外にも、どんどん
摂取したい、野菜なんですね〜小豆って!(^0^ゞ

赤飯レシピ

▼赤飯 レシピ  ( 材料4〜6人分 )
もち米 …… 2合
米 …… 2合
小豆 …… 4分の1袋
塩 …… 大さじ2分の1

(1) 同量のもち米とお米を合わせて洗い、ザルにうちあげておく。
小豆は鍋に入れて、小豆の量の3倍の水で軽く煮る。
※小豆は煮ると、濃い色がでるので、それを一度すてて
もう一度水を入れなおし、再び軽く煮ておきます。
この煮汁を使いますので、再び色がでてきたら火を止め
煮汁と豆を分けておきます。

(2) 炊飯器にザルに上げておいたもち米&お米を入れ、その中に
小豆の煮汁を入れます。それだけでは水が足りないので
不足分の水を足して、塩を加え、豆も加えて軽くまぜ、
スイッチオンで炊ければ出来上がりです。

小豆を最初に軽く煮た時の煮汁にでてくる色を
米を炊くときに利用するんだけど、

煮汁は2度目のほうが綺麗なので、
そちらを利用すると、綺麗な色がついて炊き上がりますよ(^^♪


あわせて読みたい

edit 『 丼・麺・ごはん 』の一覧

このページの先頭へ