1  2

オイルおにぎり、ごま油を使ってちょっと韓国風に

このごろ流行っている「オイルおにぎり」。オイル…?えぇ・・・・と、最初は敬遠気味でしたが、実際にやってみると、ちょくちょく作っているワタシがいます(笑)

オイルおにぎり、ごま油を使ってちょっと韓国風に

おにぎらずなど、おにぎり人気がなぜかこのごろスゴイですよね。今流行りのオイルおにぎりはオリーブオイルを使ったものが多いですが、

ごま油でもオイルおにぎりができます!今回は入門編、ということでシンプルな韓国風ごまオイルおにぎりレシピをご紹介。

春の桜エビ丼、簡単レシピ

桜エビの旬、春においしい桜エビの丼はいかが?

春の桜エビ丼

桜エビ、小さいピンク色のエビ。見た目にも鮮やかで綺麗で、いいオダシが出て美味しいんだけど、高いのでなかなか手が出しづらい(笑)

でも、春は桜エビの旬なので、スーパーにもよく並んでいます。せっかくなので美味しい時期に頂きたい!

かき揚げや、炊き込みご飯にしても美味しいですが、今回は丼メニューでご紹介します☆

そうめんアレンジ!つけるのが飽きたらぶっかけで

夏はお中元などに頂くそうめん。大量にあると、同じ食べ方ばかりじゃ飽きちゃいますよね…。ちょっと変化を加えるだけで、違って見えるから不思議!今回は主婦のお悩み、
そうめんアレンジレシピをご紹介します。

そうめんアレンジ!つけるのが飽きたらぶっかけで

そうめんといえば、茹でて・冷やして・冷たいそうめんつゆをつけて食べる。これがスタンダードな食べ方ですが、今回は茹でて冷やしたらお皿に盛りつけて具ものっけてつゆもぶっかけて食べちゃいましょう!

とろっと旨い、なす・ひき肉の温玉丼 かんたんレシピ

なすの旬・夏を迎えたら、簡単でごはんもススム 甘辛丼を。
15分でできる、なすレシピをご紹介します。

とろっと旨い、なす・ひき肉の温玉丼 レシピ

ナスは、栄養面から言うとビタミンやミネラルはあまり含まれていない、と言われているのですが ナスをはじめとする夏野菜はからだを冷やす作用があります。

火照ったからだを落ち着かせてくれる夏の味方ですが “冷え” が大敵な妊婦さんなどは、特に食べすぎにはご注意くださいね。

キムチ×そうめん、そうめんに飽きたときのアレンジレシピ

暑い夏は食欲が落ちて痩せる…。そうめんなら入るけど飽きる…。そんな方に試してほしい、そうめんのアレンジレシピ!

キムチ×そうめん、そうめんに飽きたときのアレンジレシピ

作ってからすぐ食べるのが一番美味しいですが、完成後に冷凍庫で10分くらい冷やすとより冷たくなってツルツルっと喉を通ります。

キムチとお酢という夏バテ解消スタミナコンビと共にしっかり食べよう。

筍ごはん 2合で作るレシピ

たけのこ、この時期になると いろんな方から頂きます。春を感じますねー。筍を貰ったら必ず作りたいのが、筍ごはん!

筍ごはん 2合で作るレシピ

冷えても、おにぎりにしても美味しい たけのこゴハン。今回のレシピには入っていませんが、油揚げを小さく刻んで入れるとさらに美味しくなりますよ。

ちなみに、油揚げは湯通しせずに入れてもぜんぜん美味しく炊けちゃいます。

ショウガとミンチの 炊き込みごはん!

生姜とミンチを使った、簡単で体ぽっかぽか 炊き込みご飯の作り方!ミンチは、何でも大丈夫(鶏、豚、牛、合挽き)です。

ショウガとミンチの炊き込みごはん!

今回は、牛と豚の合挽きミンチが冷蔵庫にあったので、それを使って作ってみました。

生姜が好きな人は、生姜の量を増やしてもOK!食欲をそそる、体を温める 簡単で美味しい炊き込みご飯です。

手作り花見弁当のアイデア、梅と水菜で春色おにぎり

手作り花見弁当、といっても考えるだけで「けっこう手間…」というイメージ。ですが、簡単につくってみませんか?

花見弁当として華やかに彩りを添える梅と水菜の春色おにぎり。

手作り花見弁当のアイデア、梅と水菜で春色おにぎり

暖かくなりはじめたこの時期のお弁当。梅干しは食中毒菌の繁殖を抑える働きもあるので、夏にかけてお弁当に梅を使うのはオススメですよ。

炊き込みご飯 レシピ、おかずはシンプルなものがピッタリ

みんな大好き! 炊き込みご飯の レシピをご紹介します。
炊き込みご飯 の具には、ごぼう・人参・揚げ・鶏肉・きのこ・シーチキン…と、たくさん入れるとそれだけでボリュームたっぷりのメニューになります。

takikomi.jpg

炊き込み御飯のおかずには、卵焼き(だし巻き卵)や ひじきのサラダ
水餃子と卵のスープなんかも合います(^^)

いろいろあるので、炊き込みご飯に合うおかずや小鉢スープを見つけてみてください。

たけのこ チャーハン ( 混ぜごはん )

たけのこ チャーハン。 ピリッと豆板醤が効いて
たけのこ のシャキシャキ感 が美味しいです♪

たけのこ って、筍 とも 竹の子 とも書きますよね。
スーパーなどで、たけのこ を見かけると

たけのこ チャーハン ( 混ぜごはん )

ついつい、お得感のある大きいサイズの
たけのこ を買いたくなるんだけど、実はたけのこ、小さいほうが
美味しいんですよ(^^♪

竹の子供の、「たけのこ」 大きくなっちゃうと当然、
竹の木に成長するんだけど、
土からヒョコっと頭をだしたばかりの小さな筍には
栄養がギッッッシリ詰まってて、味も一番美味しく食べごろ!

たけのこチャーハン2

美味しい 「たけのこ料理」 を食べるために
小ぶりなモノを選んで買ってくださいね(^^)☆

豚 と玉ねぎの しょうが丼

豚 と 玉ねぎの しょうが丼。簡単で元気モリモリメニューです(^^ゞ

豚玉ねぎのしょうが丼

しょうが たっぷり! 生姜 は体を温める効果があるので、冷え性 の女性に、特にオススメです♪

最後にのせる三つ葉がいい香りです(・∀・)

生姜は、ピンポン玉大 と書きましたが、我が家ではもう少し多く入れる時もあります。お好みでどうぞ^^

辛そうで辛くないラー油 で作った、豚丼レシピが 激ウマ♪

辛そうで辛くない少し辛いラー油 の通販がずっと品切れ状態。しかしどーしても食べたかったので、近所のスーパーをチェックしに行ったら

辛そうで辛くない少し辛いラー油、普通に売ってましたよ(笑)

辛そうで辛くないラー油 で作った、豚丼レシピが 激ウマ♪

普通のラー油とか、オリーブ油が売られてるコーナーではなく、キムチの素や、瓶詰めの練りウニなんかが売られてるコーナーに仲良く陳列されてました。

しかも、結構 沢山並べてあった。ウチの地元じゃ、まだブレイクしてないのかな?(笑)ハマることは予測されるのでとりあえず、まとめて3瓶買って帰りました♪

七草粥 お正月 明けに食べる 由来は?

七草粥 ( ななくさがゆ )を、お正月 明けの1月7日に食べる風習がありますよね^^

七草粥 の 由来 は、もともと中国の風習だったそうで「七日正月」と言われていた中国では、お正月の7日後がひとつの節目となっていたため

七種類の野菜を汁物で食べると邪気を祓えるという意味から、七草を汁物で食べていたそう。

七草粥 お正月 明けに食べる 由来は?

日本には、その風習が平安時代に伝来して、汁物からお粥へと形を変えて今に受け継がれてきた風習なんだそうです(^^)

七草粥 は、7種類の野菜が入ったお粥で春の七草 (上記画像)とは、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ の7種。

邪気を祓う!ということで、七草粥 に入っているこれらの 春の七草 にはそれぞれ、以下のような意味が。

エビ と ブロッコリーの ドリア

ドリア 、当分食べてない!・・・と思い立ち
エビ と ブロッコリー の、ドリアを久々に作って食べました^^

エビとブロッコリーのドリア

ドリア を初めて知ったのは、高校生の頃だったでしょうか、
感動したなぁ〜あの時は(笑)

キムチ と アボガド の、ピリカラ丼

キムチ と アボガド の、ピリカラ丼 レシピ。

もうすっかり半袖でOK、夏みたいな暑さが続いてますが
バテてませんか?(^^)

私は仕事柄、室内にいることが多いので
あまり影響ないんだけど、

花に水をあげるとき、ベランダに出ると
クラッとするほど日差しが強い(^ω^;)

キムチ アボガド の、ピリカラ丼

紫外線をビンビン、感じます。。。

ぎゃーーーっ、シミ・ソバカスが出来そう(*ω*
UV対策せねば・・・。

皆さんも気をつけてくださいね^^
では、レシピをどーぞ。

1  2

このページの先頭へ